家づくりのその前に

4SD工法(フォースターディフェンス工法)[高耐震・高耐久性能]

軸組壁工法の採用(HS金物工法)

メタルジョイント

■フレームシステムの特長 「木造軸組」と「耐震パネル」の併用による優れたバランス構造

木造建築の可能性を拡げるフレームシステムの基本構造は、日本の伝統的な木造軸組工法と現代の建築工学を駆使したHS金物の融合。スタンダードの「HS金物構法」、さらに災害に強い家を目指して、「木造軸組」と耐震性に優れた「耐震パネル」とを併用し、耐震壁パネルによる面構造が地震や台風時の変形やねじれなどの横力を分散させます。こういった柱と面によるバランス構造が優れた耐震・耐風性を発揮します。

■HS金物構法 耐震性・耐久性・施工性すべてを極める基本構法

HS金物+エンジニアリングウッドの
理想的な構造を実現

従来、木造軸組構法の性能を左右する最大のウィークポイントは、柱と梁の接合部です。フレームシステムのHS金物構法は、高精度・高強度を誇る「HS金物」と安定した品質のエンジニアリングウッド(集成材)を組み合わせ、構造の柱・梁・土台をバラつきなく確実に接合。バランスの良い接合部を保つ剛構造で、木造建築の耐震性や耐久性を格段にレベルアップすることができます。

■HS金物構法のメリット

1.耐震性アップ

地震や強風による縦揺れ(上下荷重)、横揺れ(左右荷重)いずれにも大きな耐力を発揮します。

2.優れた耐久性

精度が高くバラツキがない構造によって、木造建築の耐久性を高めることができます。

3.ハイクオリティ&ローコスト

合理的な施工、工期短縮により、クオリティの高い木造建築をローコストで実現可能です。

4.フレキシブル

木造軸組構法の良さはそのままいかされるので、新築での自由設計、リフォームにもスムーズに対応。各種パネル工法と併用させることも可能で選択の幅が広がります。

■在来工法との比較

断面欠損の比較

従来の木造軸組構法の接合部は、施工時の断面欠損が大きく、上部からの荷重で木材が大きく変形してしまいます。 HS金物構法は、金物を挿入するスリットとドリフトピン穴の小さな断面欠損で施工でき、木材の変形を抑えます。

最大4.3倍の強度を実証

強度比較実験では、従来工法の接合部と比べ、HS金物の接合部は、柱頭部・柱脚部で最大約4.3倍、梁端部で約1.5倍の強度が確保されています。

UP