よく分からない価格の話

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。 創エネ×省エネ×断熱で、家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まいのこと。 政府は「2020年までにZEHを標準的な新築住宅に」という目標を掲げています。 エネルギーの自給自足ができる快適な住まいZEHが、これからのスタンダードに。

住む人の健康が家の中の温度と関係していること、皆さんはご存知ですか? 健康リスクを考えると、温度差の少ない一年中快適な住まいが理想です。 そこで大切なのが断熱性能。 壁と窓の断熱性能が高い家なら、寒い冬でも家のすみずみまで暖かく、 暑い夏はシェードなどで日差しを遮る工夫をすることで涼しさを保ちます。 まずは健康リスクと家の温度について考えてみましょう。

暖房のないトイレや脱衣所が寒い!という経験はありませんか? 冬の住宅でよく見られますが、実はとても危険な健康リスク。 温度差による急激な血圧変動が原因のヒートショックを低減するには、 断熱性を高めて部屋間の温度差を少なくすることが大切です。 さらに研究者による調査で健康の改善効果も明らかに。これも家の中の温度と関係します。健康維持に最適な室温を一年中保てることが、改善につながっているようです。

省エネ・断熱で光熱費をおさえ、創エネでエネルギー収支0に! 健康・快適なうえにエコで”お得な家”、それがZEH住宅です。

シミュレーション条件 ●住宅プラン:2階建て/延べ床面積120u(自立循環型住宅モデルプラン) ●建設地:東京 ●設備仕様(これからの家):暖冷房 高効率エアコン、給湯器 電気ヒートポンプ給湯器、換気 エコエア90 ●売電価格は28円/kWhで試算 ※太陽光発電システム容量6.09kwの場合 ※「昔の家」は一般的な戸建て住宅の場合(LIXIL調べ) ※シミュレーションに基づく試算のため、実際の金額とは異なる場合があります。

UP